<   2013年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今年最初のシラン

庭の紫蘭(シラン)が咲きはじめました。紫の花がとてもきれいです↓
d0306667_18433942.jpg

ザ・日本の花、という感じがしますね。毎年必ずたくさんの芽を出してスクスクと育つので、安心して見ていられます。

じょうろで水やりもしますが、「こんなに元気なのだから、きっと地下水をたくさん吸っているのだろう」と彼らの自助努力を信じきっているところがあります。水やりが足りないとすぐに下を向いてしまう分かりやすい花々とは違い、「私たちのことは気になさらないで」とでも言うように、涼しい顔でそよそよと風に揺れています。

自助努力の結果↓
d0306667_1843143.jpg

蕾が鈴なりです(^-^)。紫蘭のような強い植物に助けられて、私の庭づくり生活は続いています。
by enjibag | 2013-04-30 21:34 | 庭づくり

咲き始めがかわいい

満開のお花は気持ちよさそうに咲いていて、見ていて幸せな気持ちになりますね。

いっぽう咲き始めの花は、「そろそろ起きようかな・・・・・・」とゆっくり顔をあげる様子がかわいいです。
d0306667_16112271.jpg

↑我が家のミニバラの中で一番元気な濃いピンクのバラです。買ったときは枝振りが奇妙でしたが、数年たってもとても健康でうれしいです。

咲き始めはなんでも小さくてかわいいですね。3時前後に花が開く「三時草」もこのとおり↓
d0306667_1616565.jpg

実際に朝夕は毎日花を閉じるんです。寝て→起きて→寝る、という周期が一定していて人間みたいです。ほかの鉢の三時草は、どれもいっぱい花が付いているのですが、この鉢はまだ1つしか咲いていないので緑のスペースを満喫している感じがします。我が家で三時草といえばこちらですが、ピンクのハゼランも同じ名前で呼ばれているようですね。

大好きなアッツザクラも咲き始めました↓
d0306667_1622773.jpg

ほんわかした花がたくさん咲くのが楽しみです(☆o☆)
by enjibag | 2013-04-28 16:37 | 庭づくり

かれんなパンジー

パンジーには本当にいろんな色がありますよね。

独創的な柄のものや、植物というよりも生物に見えるもの、ふんわりした印象のものまで、よくこれだけ種類を作ったなぁと思います。

そんな多種多様なパンジーの中から我が家に来ているのは、やっぱりパープルや薄い黄色などのふわふわ系です↓
d0306667_1641728.jpg

「趣味の園芸」でも先生が話しておられましたが、パンジーはどんどん増えていきますね。この寄せ植えも最初は後方に別の植物を入れていたのですが、パンジーの勢いがすごいので抜いたところ、その場所もあっという間に奪われました。
d0306667_16607.jpg

かれんな様子をしていながら、目を見張るような生命力です。
d0306667_1661192.jpg

by enjibag | 2013-04-26 16:13 | 庭づくり

ネモフィラの季節

毎年この時期になると、茨城県の「ひたち海浜公園」にネモフィラを見に行きたいなぁと思います。秋には真っ赤なコキアが茂る「みはらしの丘」で、この季節はネモフィラが群生しているのです。

でも今は忙しくて遠出できないので、庭のネモフィラを眺めながら「みはらしの丘」を想像しています↓
d0306667_2043362.jpg

群生にはほど遠いです(^-^;)

モッコウバラもだいぶ開いてきましたよ↓
d0306667_2055545.jpg

少し花が小さめですが、ツルを支柱に絡ませながら上下に誘引しているので、離れて見るとリースみたいでかわいいです。今度写真を載せますね。
by enjibag | 2013-04-24 20:17 | 庭づくり

庭で遊ぶ姫たち

そこに種をまいた覚えがないのに、素知らぬ顔でチョコンと咲いている花ってありますね。

我が家の庭ではミヤマオダマキなどがその代表例です。ミヤマオダマキは人の植木鉢に入り込んでみたり、縁側の影にそっとひそんでみたり、毎年どこから出てくるのか分からずドキドキします。

もうひとつ、我が家の庭を縦横無尽に移動しているのがこちらです↓
d0306667_180148.jpg

↑ヒメツルソバ。

豆粒ほどの小さな花をたくさん咲かせます。茎は地面をはって縦横に伸びるので、止めない限りどこまでも広がっていきます。秋にはピンクのカーペットのようになりますよ。

まるで遊んでいるかのように、みんなで固まって首を伸ばしてみたり↓
d0306667_1851027.jpg


一直線に並んでみたり↓
d0306667_1851797.jpg

生きているなぁ・・・・・・と思わせる、かわいい姫たちです。
by enjibag | 2013-04-22 18:15 | 庭づくり

木陰でひっそりと・・・・・・

和洋折衷な我が家の庭には、椿がいくつかあります。

数年前、ある鉢植えの椿の元気がなくなってきました。鉢の中で根が張りすぎたのか、剪定をしても様子が変わらず具合が悪そうだったので、地植えにして養生させることにしました。

木の下に植え、半日陰状態で育てているうちに、みるみる元気になってきました。

今年の椿↓
d0306667_17204554.jpg

↑青空を背に晴れやかな顔で咲いています。

d0306667_172241100.jpg

これだけ快復してくると、また明るい場所に移動したくなるのですが、きっとこの椿には木陰があっているのでしょうね。かわいい花を見過ごさないように、毎日眺めにいっています。
by enjibag | 2013-04-19 17:28 | 庭づくり

紫の雲

そろそろ藤棚が美しくなる季節ですね。

d0306667_195053.jpg

↑千葉県の清水公園で、数年前に撮った写真です。
日本っていいなぁ・・・・・・と思う瞬間です。

ブルーや紫の花は、涼しい風を運んでくる気がします。以前住んでいたエディンバラの家にも、きれいなブルーのアジサイが咲いていましたよ↓
d0306667_19571934.jpg

このごろ寒色系のお花の投稿が続いていますね。今度は違う色のお花を載せます(^-^)
by enjibag | 2013-04-16 20:04 | 花紀行

庭の色はその人の色?

庭のスズランの蕾がふくらんできました。

d0306667_1929302.jpg

まだ小さな鈴が少しついているだけです。葉っぱの裏にアリがくっついていますね。

隣には兄弟スズランたちが並んでいますよ↓
d0306667_1932252.jpg

白い鈴がたくさんついて、一緒に揺れている様子を想像するとなごみます(^-^)

ところで、庭の花の色はその人の好み、ひいては性格を表すのではないか、と思うことがあります。

例えば私はピンクや紫、ブルー、白が好きで、苗を選ぶときも寄せ植えを作るときも、そういう色を集めがちです。また、大輪の花よりも、風に揺れる小ぶりなふわふわ系が大好きです。

ヤグルマギクも、私の大好きな色と様子をしています↓
d0306667_1937310.jpg


以前、お花屋さんに行ったとき、いつものようにピンクやブルーの花をかごに入れてレジに進みました。私の服装はいつも通り、ジーンズに薄い色のトップ。そのとき、私のすぐ前をレジの方向に進む女性の姿が目に入りました。その人はオレンジ系の上着にブラウンのパンツで、明るい栗色の髪をふんわりと巻いていました。まだ肌寒い風が吹く時期でしたが、彼女は太陽を連れて歩いているような、南国のような暖かさをまとっていました。

思わず彼女の買い物かごを覗き込むと、いつも私が素通りする明るいオレンジや真紅、元気いっぱいの黄色の花が入っています。ご本人の雰囲気にとてもよく合っていて、私好みの色ではないけれどステキだな~と思いました。

一方、私は友達の薦めで、オレンジ色をワードローブに取り入れようかと考えているところです(たぶん実現しませんが)。
by enjibag | 2013-04-15 20:01 | 庭づくり

花紋バッグ

最近はお花のミニバッグの投稿が続いていましたが、今日はお出掛けバッグをご紹介します(^-^)

花紋バッグ↓
d0306667_12345511.jpg


お花を紋章風にしてみました。花紋の部分は、同色の別の布に縫い付けた後で本体に載せていますので、本体よりも少し盛り上がって立体的になっています。

花紋部分を拡大すると↓
d0306667_12414091.jpg


斜めから見た様子↓
d0306667_12405446.jpg

マチ付きでしっかりしています。

花紋バッグは、色違いでいくつかOZONEクラフトマーケットに持っていく予定です。裏面にもお花のデザインがありますので、ぜひクラフトマーケットで実物をご覧くださいね。
by enjibag | 2013-04-08 12:52 | バッグ

桔梗

4年前に買った桔梗は、少しずつ大きくなっています。

いつも冬の間は地表に何も残らず、しーん・・・・・・としているので、この春はもう芽が出ないかもしれない、と毎年思います。

桔梗にとってはこれが普通なので、根拠のない不安ですが、なぜかそう思うのです。鉢植えだからかもしれません。地植えの植物はとても元気で、春先にニョキニョキと芽を出し始めるので、私も彼らの生命力を信頼し、安心しているのです。一方鉢植えは、いつ元気がなくなっても不思議ではないと感じさせるものがあります。

けれど今年も例年通り、桔梗は3月半ばに小さな芽を出しました。ほっとする瞬間です。「よしよし」と頭をなでたい気持ちですが、小さな芽に触って折れたら困るので、じっと成長を見守ります。

今ではこれくらい大きくなりました。もう触っても大丈夫です↓
d0306667_12492279.jpg


今年もまた、夏には涼しげな花をたくさん咲かせることでしょう。
d0306667_12511383.jpg

by enjibag | 2013-04-06 13:06 | 庭づくり